青汁を知る

青汁ってどんな飲み物?材料や栄養は何が入っているの?

青汁(あおじる)とは、野菜をしぼった汁をドリンクにした健康飲料のこと。青汁の材料には、ケールや大麦若葉などの緑葉野菜が使われます。

青汁は野菜に含まれるビタミンやミネラルといった栄養素を手軽に取れるので、美容や健康のために飲む人が増えてきているんです。

でも、「青汁ってマズいんでしょ?」と思う方もいるかもしれませんね。私もつい最近までその一人でした…。

昔の青汁は、バラエティ番組のバツゲームで使われたり、テレビCMで「マズい」という宣伝をされることがありました。“青汁はマズい”というイメージを持ってる人は多いでしょうね。

でも、現在の青汁は改良されたり様々なタイプが開発されているので、とっても飲みやすくなっているんです!

青汁は昔からある健康飲料

青汁は昔からある健康飲料

青汁の起源は古く、なんと1000年もの歴史があります。日本最古の医学書「医心方」にも植物のしぼり汁の記載が載っているそう。青汁の効果は昔から注目されていたということですね。

そして、戦時中の食糧難で起こった栄養失調を解決するために、栄養価の高い野菜を原料にした青汁が作られました。これが現代の青汁の原型となっているそうです。

青汁は、まさに先人の知恵から学んで作られた、由緒ある健康飲料と言えますね!

緑なのに青汁?

色が緑なのにどうして「青汁」と呼ぶのか不思議に思う人もいるかもしれませんね。これは、青信号や青葉などと同じく、緑を青(あを)とする日本古来の読み方です。いまさら緑汁と言われてもしっくり来ませんしね(笑)

青汁はどんな材料で作られている?

青汁はどんな材料で作られている?

昔の青汁がまずかった理由は、ケールという野菜だけを使っていたから。ケール100%の青汁は栄養価は高いものの、とても苦くて飲みづらいものだったのです。

最近の青汁はケールのほかに、大麦若葉(おおむぎわかば)明日葉(あしたば)などを使ったり、その他の野菜やハチミツなどを混ぜ合わせて飲みやすいよう工夫されているのが特徴です。

つまり、同じ青汁でも商品によって配合されている野菜や成分が違うということ。取りたい栄養や成分に合わせて、それを含む青汁を選ぶようにしましょう。

青汁に使われる、主な材料の栄養や効果をまとめてみました。

青汁の材料特徴多く含まれる栄養素効果
ケール苦みが強く飲みづらいビタミンC、カルシウム、マグネシウム、食物繊維肥満予防、美容効果、便秘予防、高血糖予防など
大麦若葉クセが無くて飲みやすい鉄分、食物繊維美肌効果、便秘予防、高血圧予防など
明日葉ケールよりは飲みやすいビタミンC、マグネシウム、カルコン、食物繊維美肌効果、便秘予防、高血圧予防など

青汁は栄養豊富で、たくさんの健康効果を期待できる健康食品です。青汁の効果・効能については以下のページで詳しく解説しています。

青汁はどうやって飲む?

青汁はどうやって飲む?

青汁の形状にはいろんなタイプがあって、飲み方もそのタイプによって様々です。

一般的なものは、粉末タイプの青汁ですね。水などに溶かして飲みます。私は抹茶風味の青汁を牛乳に溶かして飲むのがお気に入りです♪

他にも、解凍して飲む冷凍タイプ、サプリメントのようにいつでもどこでも飲める錠剤タイプ、ペットボトルに入ったジュースタイプなどがあります。

  • 粉末タイプ(一般的で種類が多い)
  • 冷凍タイプ(栄養を損なわず鮮度が良い)
  • 錠剤タイプ(手軽に飲める)
  • ジュースタイプ(コンビニなどで買える)

最近では、ゼリー状の青汁が個別包装されたジェルタイプや、インスタント食品のようにお湯で戻して飲むフリーズドライタイプなども出てきました。

形状によって、他の飲み物に混ぜて飲みやすくすることもできますし、外出時旅行などに持っていけそうなものもありますね。ジェルタイプはパンに塗って食べる上級者もいるらしいです…。

好みや用途を問わない選択肢が増えてきているので、あなたに合った青汁選びを楽しみましょう!

青汁で野菜不足を解消できる?

青汁で野菜不足を解消できる?

みなさんは、毎日充分な量の野菜を食べられていますか?忙しくて簡単な食事で済ませてしまったり、外食が多い人は野菜不足になりがちだと思います。

毎日の献立を考えながら過ごしている私ですら、なんだか野菜不足を感じてしまう今日このごろです。

1日に必要な野菜は350g以上

厚生労働省が掲げる健康施策「健康日本21」を見てみると、健康的な生活を送るために理想とする、1日の野菜摂取量の目標を平均350グラム以上としています。(「厚生労働省:健康日本21-栄養・食生活」より)

私だけでしょうか…。350グラムの野菜がどれくらいの量かイメージできない…。

そこで、思いついた野菜に置き換えてみました。

  • にんじん 350g = 2本
  • トマト 350g = 2個
  • レタス 350g = 丸1個
  • ピーマン 350g = 10個

ぐっ…、嫌いなピーマンを10個…。1個でも無理なのに…。好きなトマトでも毎日2個はきついな…。

好き嫌いの無い人でも、これだけの野菜を毎日食べるなんて難しいですよね。(細かいことを言うと、量だけでなく緑黄色野菜と淡色野菜の配分を考えて食べないといけません。)

青汁を毎日飲み続けることが大切

そこで青汁の出番です。ビタミンや食物繊維など、栄養価の高い野菜をギュッと凝縮した青汁なら、350グラム分の栄養素を毎日手軽に摂れるというわけです。青汁を使えば野菜不足もバッチリ補うことができそうですね!

ただし、青汁は薬品ではなくあくまで健康食品。飲んだらすぐにメキメキと効果が出るわけではありません。毎日続けて飲むことが大切です。そして、できる限り早めに始めることも大事ですね。

ぜひ、あなたも青汁を使って生活習慣病の予防や体質改善に取り組んでみましょう!

ABOUT ME
青汁クラブ編集部
青汁クラブ編集部
さまざまなタイプの青汁を日々試して研究。青汁のことなら青汁クラブ編集部におまかせ!